元ハウスメーカー社員が綴る家づくりブログ

ムービングハウス・スマートモデューロ建築例『岡山県倉敷市・西日本豪雨災害仮設住宅』

 
WRITER
 
岡山県倉敷市・西日本豪雨災害仮設住宅
この記事を書いている人 - WRITER -

北海道に拠点のあるハウスメーカーの商品や、建築施工例を紹介していきます。

今回は、北海道千歳市のハウスメーカー「アーキビジョン21」の商品、『SMART MODULO(スマートモデューロ)』の施工例です。

『岡山県倉敷市・西日本豪雨災害仮設住宅』の概要

  • 建物所在地:岡山県倉敷市船穂町(柳井原団地)
  • 建物用途:2018年西日本豪雨災害被災者の仮設住宅

 

『岡山県倉敷市・西日本豪雨災害仮設住宅』の運搬・設置過程

 

<下に続く>

『岡山県倉敷市・西日本豪雨災害仮設住宅』の外観・内観


 

『岡山県倉敷市・西日本豪雨災害仮設住宅』の評判・口コミ







 

<下に続く>

『岡山県倉敷市・西日本豪雨災害仮設住宅』の建築施工会社・概要

アーキビジョン21本社外観

本記事掲載の建築物の施工会社概要です。

 

『岡山県倉敷市・西日本豪雨災害仮設住宅』のメディア情報

フジテレビ系列「めざましテレビ」

  • 2018年9月11日(火)放送回で紹介
  • 紹介されたコーナー:ココ調

西日本豪雨災害の復興支援に、タイニーハウスが活用されています。
岡山県倉敷市では仮設住宅として、コンテナサイズのタイニーハウス(スマートモデューロ)を利用。
「建設する時間を短縮できる」と、様々な場所での活躍が期待されています。

 

日本テレビ系列「情報ライブ ミヤネ屋」

  • 2018年9月12日(水)放送回で紹介

西日本豪雨災害から約2か月。
岡山県倉敷市船穂町(真備町の隣町)に、新しい形の仮設住宅が完成しました。
それが、コンテナ型(箱型)のトレーラーハウス。

コンテナ型の仮設住宅は全国初。
家が完成した状態で被災地へ運ぶので、現地で建てるよりも早いのがメリットです。

外観はコンテナのようですが、構造は木造で、内装も木がむき出し。心地良い木の香りがします。

【入居者のコメント】
住み心地がすごく良いです。お風呂・トイレもあって、キッチンも普通の住宅と同じような設備が付いています。
エアコンもあるし、冷暖房費を節約できる構造になっているので、嬉しいです。

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク
スポンサーリンク