Pocket

ウッドフェンスのはずし方

ウッドフェンスの冬支度・豪雪対策」でご紹介した、
ガーデンファクトリーさんの、取り外し可能なエコウッドフェンス。

豪雪対策で今年も取り外しました!

ひと言で取り外せると言っても、
「実際、どうやって取り外すの?」
と気になる方もいるはず。

「取り外せるって聞いたから、このフェンスにしたのに、
 はずすの超面倒くさいじゃん!ヾ(。`Д´。)ノ」
って後悔したくないですからね。

 

と、いうわけで。

実際のところ、面倒くさいのか、簡単なのか。
エコウッドフェンスの取り外し方法をレポート!

取り外し前の状態がこちら。
ウッドフェンス

まず、1番上のアルミ(スチール?)のバーを取り外します。

この写真でいうと、黒い部分ですね。
フェンスの上部

そのバーを取り外すために、ビス(ネジ)をはずします。
バー1本につき、ビスは両端の2ヶ所。

ネジを緩める作業

はずす様子

ちなみに、写真の男性は私ではありませんよヾ(・∀・)
私の職場(アーキビジョン21岩見沢営業所)の篠嶋所長です。

ビスは普通のドライバーで外せますが、
電動ドライバーがあると、より早く作業できます!

・・・が。
この日、電動ドライバーを忘れてしまった篠嶋さん。

がんばって取り外してください!
フレー!フレー!( ´ ▽ ` )ノ

 

さて、バーを1本取り外しました。
エコウッドフェンス-塀

作業途中

パネル1箇所あたり、バー1本ずつあるので、
フェンスが長い場合は、このバーが何本もあります。
地道に取り外していきましょう。

ビスをはずす風景

バーを全部取り外しました。

エコウッドフェンス

作業途中

 

今度はウッドパネル(板)を1枚ずつ外していきます。

さて、これをどうやって外すのかと言うと。

パネルを載せるための木片部材が、
支柱のレール部分に挟まってます。

部材

拡大
木片

実は、パネル自体はこの木片に載ってるだけなんですね(゜д゜)
ネジで固定されてません。

なので、この木片を1個ずつ支柱から取り除き・・・
木片の取り除く

木片の取り外し

板を1枚ずつレール上部から引き抜きます。

取り外す方法

作業の様子

木片は、板1枚につき左右1ヶ所ずつの、計2ヶ所。

ちなみに、木片もレールに挟まっているだけで、
ビス止めされてません。

なので、手で簡単に取れます。

「え?ビス留めしてないの!?
じゃぁ風や地震でハズれちゃうんじゃないの?」
って思われそうですが。

外れませんd(・∀・)

支柱のレールにしっかり挟まってるので、
アルミ支柱のレール

支柱のレール

上から引き抜かないと、はずれないんです。
ウッドフェンスの取りはずし方

相当な強風でも、今まで外れたことがありません。

で、上から簡単に飛んで行かないように、
最上部のバーをきちんとビス止めしてるんですねぇ。

すばらしい構造(´∀`*)

 

そして、このパネル。
7枚の板で、1枚のパネルになってるかと思いきや、
1枚1枚の板がバラバラなんですね。

ウッドパネルはずし

だから木片も相当な個数を1個ずつ外していきます。

かなり地道な作業!ヾ(°□°;)ノ

端から順番にやっていくと、心が折れそうになります。
ウッドフェンスの取り外し方

だから、たまに逆側からやってみたり。
ウッドフェンスのはずし方

そんな地味~な作業を繰り返していくと、、、
取り外し完了です!

ウッドフェンスの外し方

お疲れ様でした(^o^)

 

さてさて、結果的に、
「エコウッドフェンスの取り外しは簡単かどうか?」

取り外し方が「難しいか、簡単か」で言うと、
わりと簡単だと思います。

あちこちイジる必要もなく、ネジを外すのは最上段のみ。
至ってシンプルなつくりです。

 

では「大変か、簡単か」で言うと。
それはあなたの体力・気力次第!(`・ω・´)

好きな音楽でも聴きながら、
ルンルン気分で取り外しましょうヾ(@^▽^@)ノ

電動ドライバー使いましょうね(・∀・。)

 

----------------------
スポンサーリンク
Pocket